アフターピルの画像

アフターピルは病院で処方されます。しかし病院によって金額や処方されるアフターピルの種類は様々です。では、アフターピルを病院以外で手に入れる方法はないのでしょうか。

アフターピルの金額が病院によって違うわけ

アフターピルの金額は病院によって大きく違います。それは保険適用外の自由診療に含まれるためです。ただ、通販で購入しても2000円程度で購入はできますので、そんなに高価なものではありませんので安心してください。アフターピルは女性の味方です。男性と違い女性は妊娠のリスクがあるため自由に性行為をすることはできません。望まない妊娠は女性を不幸にするものです。アフターピルを性行為の後に服用すればコンドームの装着に失敗した場合等でも72時間以内であれば妊娠を防ぐことが可能になります。アフターピル自体はホルモン剤であり医薬品では無いので安心して服用できます。子宮口内から入った精子を子宮に着床する前に強制的に生理を起こし子宮外に排出するのがアフターピルです。女性なら性行為に失敗したかどうかは分かるはずです。妊娠を望まない性行為を行った後に飲めば妊娠を防ぐことが可能になります。アフターピルを服用後に出血があれば避妊は成功します。服用してもホルモン剤ですので特に副作用はなく安心して服用することが可能です。強制的に生理を起こしますので生理痛は発生しますので、頭痛や腹痛はありますが、とくに問題はありません。むしろ生理周期が安定するという効能もあるようなものです。服用したときのみ排卵を抑制するので、その後は問題は無くなります。男性と違い女性は自由に性行為ができなく不公平な部分があります。アフターピルを用いれば、女性も自由に妊娠を気にせず性行為を行えるようになります。前もって通販で購入して常備しておくほうが、いざという時に問診を受けて購入するより安心です。アフターピルを常備することにより女性も安心して性行為ができるようになります。