アフターピルの画像

アフターピルは病院で処方されます。しかし病院によって金額や処方されるアフターピルの種類は様々です。では、アフターピルを病院以外で手に入れる方法はないのでしょうか。

病院の産科などでアフターピルを処方してもらう

 簡単に説明すると、アフターピルは、子どもを望まない性交渉のあとで、妊娠を防ぐために服用する、避妊の最終手段です。性交渉のあと72時間以内に服用すると十分な効果が期待され、病院、婦人科や産科で処方してもらえます。レイプなど悲しい事例の他に、普段からピルを使っている女性が、うっかり飲み忘れてしまった、コンドームが膣の中で外れていた、など、一般的によくある場面でも使えます。
 アフターピルを服用すると、その中の女性ホルモンが働き、排卵が遅れたり、もし受精していたとしても着床しにくくなったりする効果があります。ただ、毎日の服用でホルモンバランスを調整していく中用量ピル、低用量ピルなどとは異なり、ほぼ100%避妊できるかと言えば、残念ながらそうとは言い切れないのです。
 産科などでアフターピルの処方をお願いすると、内診、そして膣洗浄をしてもらえます。膣内に残っている精子を排除するためですが、実は、精子の元気なものは射精後1時間以内に既に卵管を通り、卵子の近くまで到達していると言われています。アフターピル服用の前に、もし、既に排卵が起こっていたら。卵子到達から受精までまだ時間がかかるとはいえ、数時間経った後では、膣を洗うだけの行為は受精防止の観点からはほぼ無意味であることが分かります。また、上記の通り、アフターピルには、受精や着床を『しにくく』する効果しかありません。妊娠という現象は、人類が子孫を残すために連綿と受け継がれてきたシステムです。それがたった一粒の薬で完全に防げるものではないのです。
 性交渉とは、本来、子どもを作り、子孫を絶やさないために行われてきた行為です。行ってしまったら、簡単に無しにするわけにはいきません。アフターピルの情報は気休め程度に知っておき、実生活ではきちんと避妊ができるよう、工夫していきましょう。