アフターピルの画像

アフターピルは病院で処方されます。しかし病院によって金額や処方されるアフターピルの種類は様々です。では、アフターピルを病院以外で手に入れる方法はないのでしょうか。

中用量のアフターピルを安全に子宮筋腫治療で使用する

避妊薬として広く知られているピルには、色々なタイプのものがありますが、大きく分けると、最近解禁となった低用量タイプと、ホルモン量の多い中用量タイプがあります。低用量ピルが処方できるようになるまでは、中用量ピルが避妊目的でも使われており、女性はきつい副作用に苦しめられてしまう場合も多く、ピルを飲むとどうしても体調が良くないということで、服用をあきらめてしまっている方も少なくありませんでした。しかし低用量ピルが解禁となったことを受けて、より安全に避妊薬が服用できるようになり、望まない妊娠という最悪の事故に遭わないでも済むようになりました。しかしこの中用量ピルは、緊急避妊目的で使われるアフターピルとして処方される場合もあり、避妊に失敗してしまった場合や、悲しいことではありますが、レイプ被害に遭ってしまった場合などに処方されることもあり、妊娠を回避させる最終手段としても用いられています。加えて、中用量ピルは、子宮筋腫や子宮内膜症などの症状の緩和処置を目的として処方されることもあり、月経時の出血量を格段に減少させることが出来るので、貧血や生理痛を改善させることが可能となります。こういった子宮系の疾患の治療目的で処方される場合には、ピルの処方にも保険が適用されるので、費用負担も少なくなります。ただし、中用量ピルを服用する際には、定期的に検査を受けて、身体に異常が現れていないか否かのチェックも必要です。ピルには心筋梗塞や血栓症を発症させるリスクが伴うので、ホルモン含有量の多い中用量ピルを継続的に服用することは危険です。医師の管理のもと正しく服用し、異常が見つかれば早期に対策を取ることが重要です。